ダバオ(DAVAO)

フィリピン南部ミンダナオ島にあり、マニラとセブに次ぐ第3都市です。人口は約200万人。土地面積は2400km2で世界最大の行政面積を持つ都市の1つ。国際空港と港を持ち、フィリピン南部の政治・経済・文化の中心地です。

20世紀初頭にはマニラ麻(アバカ)栽培に従事した日本人は2万人と言われて、東南アジア最大の日本人街でありました。ダバオの日本人街には日本領事館、病院、学校や神社まで作られました。今も多くの日系人が住んでいます。

第二次大戦後、多くの日本人がダバオを後にし、アメリカ資本が入ってきました。ドール、チキータなどアメリカ大規模農業会社による果樹の農園が広まりました。

フィリピンの多くの果物はダバオで生産・輸出され、マンゴー、ドリアン、バナナ、パインアップルなど、「フィリピンのフルーツバスケット」と呼ばれています。ダバオは豊かな水(世界保健機関WHOは、世界で2番目に良い飲料水と選定)、肥沃な土地で恵まれた町です。台風の影響をあまり受けていない地域でもあります。

農業の他に工業もダバオの重要な産業になっています。南東部には、鉄鉱が生産されています。

市内には30以上の大学があり、多くの若い・優秀な人材はコールセンターやIT関係のアウトソーシング産業に活用しています。

フィリピン英語留学先として、セブやマニラと比べたら地味であまり人気はありませんが、ダバオには良質な英語人材がそろっています。また、何より治安はかなり良好です!ダバオは留学先の候補として検討する価値はあります。

ダバオの観光地紹介

サマール島 (Samal Island)

ダバオから船で45分のところにあるサマール島は美しい海の色と海岸、色とりどりの魚たち、綺麗な景色で飾られた多くのリゾートが広がっています。9つの小さい島でできているサマール島は、台風の影響を受けない地域でもあるため海が綺麗です。シュノーケリングや、アイランドホッピングツアーなどを楽しめる場所です。

パールファームリゾート (Pearl Farm Resort)

サマール島にあるこのリゾートの名前は真珠から由来されました。日本のミキモト社がフィリピンの西の海で真珠養成所を作って、この名前が付けられました。この人気のあるリゾートに、 伝統的な帽子(サラコット)の形をしている3階建ての建物があり、複数のプールはありますがやはり目玉はそのエメラルドの海です。

アポ山 (Mt. Apo)

ダバオ市西部32Km時点にある標高2,954mのフィリピンで最も高い山です。1936年に設立されたアポ山国立公園は猿を食べる黒ハゲワシが生息しており、滝、湖、渓谷など様々な自然で溢れています。フィリピンで一番有名な登山スポット。軽いトレッキングは2日かかり、登頂までは約5日間かかります。その場合、登山準備や必ず現地ガイドを雇うことをお勧めします。海と山を楽しめるのはダバオの魅力です。

エデン・ネイチャー・パーク (Eden Nature Park)

タロモ山の裾、海抜1000mに位置する人気のマウンテン・リゾート。ここからはダバオ市内とダバオ湾の壮観な景色が一望できます。水生植物などのフラワーガーデンや果樹園、ハーブ館などがあり、乗馬、釣り、水泳などのアクティビティを楽しめるリゾートです。

ワニ園 (Crocodile Park)

様々な種類のワニ、鳥や蛇を見ることができ、ワニショー、餌やりなどおもしろいイベントが開催しているスポットです。夜間も開園しているのでナイトサファリを楽しむことができます。

フィリピンイーグルセンター (Philippine Eagle Center)

絶滅の危機にさらされている最も大きな鳥である黒ハゲワシを保護している施設です。中心から45分ほどの場所にあります。

ジャックスリッジ (Jack’s Ridge)

涼しい風とダバオの夜景をライブバンドの演奏と共に楽しむことができます。

カフェ、レストラン、カラオケ、プールなど様々な施設があり、ダバオ市内を眺められる人気のデートスポットです。もちろん、観光客にも人気です。

ピープルスパーク (People’s Park)

ダバオの中心にある市民公園です。公園にはドリアンドームやダバオの彫刻家 Kublai Millan の作品がたくさん見られます。暑い日にはぴったりの散歩スポットです。

ミンタルの日本人墓地や神社

ダバオ市の西にあるミンタルは日本人町があった場所です。墓地の入口に入って、通路の一番奥に「在留先亡同胞霊塔」と彫られた石塔があり、その周辺に個人のものを含めた墓碑や慰霊碑、出身県の名を彫った石碑もありました。

お盆や8月15日の終戦記念日には、お参りに訪れる人は多いそうです。

Please reload

ダバオのゴルフ場紹介

パロスベルデス・ゴルフクラブ

良く整備された高級感のあるゴルフコース。ややアップダウンがあり、ゴルフカートが必要になります。アンディダイの設計で3番浮き島グリーンは有名です。ダバオ市内から20分ぐらい。

ビジター料金は、平日1750ペソ、週末 2850ペソ(参考価格)

アポゴルフ&カントリークラブ

雄大なアポ山の山麓にあり、古く歴史のあるチャンピオンコース(全長7001ヤード、パー72)。名物ホールは10番ホールでティーグランドに立つと目の前に標高3,114mのアポ山がそびえます。ダバオ市内から30分ぐらい。観光客に開放。

55歳以上のシニアプレイヤーの場合(要証明書)グリーン・フィーは約半額になるそうです。

Please reload

ダバオの病院紹介

ダバオ・ドクターズ病院 (Davao Doctors Hospital)

1969年に設立した私立総合病院。ミンアダナオ島(フィリピン南部)では最大及び最も近代的な病院です。10階建てのメディカルタワービルには、250のベッド数や130名の医療スタッフが働いています。

サンペドロ病院 (San Pedro Hospital)

ガイサノモールの裏にある大学病院です。朝は8時から10時の間にオープンします。
現在のベッド数は約295床とベビーベッドは20床です。

Please reload

ダバオの買い物紹介

アブリーザモール (Abreeza Mall)

新しくて、きれいな複合ショッピングモールです。規模は大きい、たくさんのブランド店舗がはいっていて少し高級な感じのモールです。この4階建てモールの2階に、日本円を両替できます。

SMラナン (SM Lanang)

ダバオの一番新しいモールです。アブリーザモールと同じ複合モールで、たくさんのお店があります。3D映画も見れます。建物自体も綺麗で中央ホールは広くて、迫力があります。

SMシティダバオ (SM City Davao)

ダバオ地元の人々に愛されているモールです。規模は大きくて、高級感のあるブランドをたくさん扱っています。特徴はT字型の通路の左右にビッシリとお店が並んでいます。

ガイサノモール (Gaisano Mall)

G Mallという名で親しまれているショッピングモール。ほとんどの物が揃っています。気軽に映画、ショッピングが楽しめます。屋上にはThe Peakという小じんまりした庭園があり、ダバオ市内を一望できます。

NCCCモール (NCCC Mall)

ダバオの他のモールと比べて小さいです。ビリヤード、ボーリング、映画を楽しめるモールです。変わった店が多く、珍しいお土産などは見つかると思います。

ビクトリアプラザ (Victoria Plaza)

ダバオで最も歴史の古いショッピングモールです。一番庶民派で、価格も大変お手ごろです。モールの駐車場裏側には韓国・中華・日本料理など、様々の料理を味わうことができます。

Please reload