「シニア向け製品・サービス」へ魅力を感じない


MMD (Mobile Marketing Data) 研究所は、40歳以上69歳以下の男女1,035人を対象に「40代~60代の携帯電話及び家電・デジタル機器商品に関する購買動向調査」を実施致しました。

調査結果サマリー:

■ 40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない ■ 家電・デジタル機器への考え方は年齢があがるにつれて、質を求める傾向である一方、携帯電話については、「必要最低限でいい」という回答が増える傾向 ■ 家電・デジタル機器の購入、インターネットで検索して、店舗で購入が2割 ■ 情報接触の頻度、スマホ、タブレットは年代と共に下がる傾向

詳しい調査結果は:

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1509.html

(画像は村田裕之の学べるブログより)

#smartsenior #スマートシニア

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic